家計簿と電卓夫婦二人暮らしで、マンション持ち家で住宅ローンの支払いをしています。
収入はダブルインカムなので、ある程度のゆとりがある状態ですが、将来に向けて少しずつ貯蓄をしていこうと話しています。

まず夫婦二人の共通通帳があるのですが、それぞれ毎月の給与から2万ずつ出し合ってそれぞれのタイミングでATMにて入金。
この口座は元々は結婚資金を貯めていた口座なのですが、現在もコツコツと貯金をしており、引き出しは一切していないので順調に貯金が出来てたまに通帳を見るのが楽しみです。

そして夫の給与ですが、住宅ローンの返済、光熱費等の支払いをお願いしており、残りはお小遣いとなります。
基本的には給料日の日にすべて支払先や貯金分を先取りし、必要経費をとりわけしてしまいます。

そして妻の私は、食費や日用品購入費がメインで、後の残りは自分のお小遣いとなっています。
今のところこんな形で月のやりくりをしております。
今後子どもを持つ予定も考えていますが、そうなると子どもの費用をどこから捻出しようかが現在悩みどころです。
一番運用しやすいのが私の給与の中から保育料や子どもにかかる教育費を取り分けするところかなと考えています。
定年まで共働きをしていきたい気持ちがありますので、やりくりを今のうちに考えておきたいと思っています。

1枚のクレジットカード私はクレジットカードを1枚にして賢くポイント集めをしています。
何年か前は何種類かクレジットカードを持っていましたが引き落とし日が別々で内訳等もごちゃごちゃしてとても不便に感じていました。
日々の生活費(光熱費、通信代、保険、ガソリン、買い物)等は極力クレジットでの支払いをしています。
同じ金額を払うならポイント集めが大好きなのでそう言う形をとっています。
お店のポイントカードがあれば2重にポイントが貯まるのでお得感は倍増しますね。

よく日頃からもネット注文もしますので代引きや銀行振り込み等の支払方法だと手数料が掛かってしまったりなどありますが
クレジットで手数料を取られるお店も少ないのでスムーズに購入手続きをして購入しています。
また、私の使用しているクレジットは年間費無料でポイントも貯まりやすく使用ランクがよければETCの年間費も無料になるという利点もあります。

ポイントも約1年も使えば色々なキャンペーンなどして3万円分のポイントが付いてくるようになります。
期限があるポイントについては必要な物を購入する時にポイント決済したり
必要な物がなければギフト券やQUOカードを購入するのにポイント決済したりもします。
最近は1年貯めたポイントで自分へのご褒美に誕生日プレゼントを兼ねて豪華な物を買ったりもします。
カード払いは使いすぎだったり節約には不向きとの声もありますが考えて計算しながら使えばとてもお得だと思います。

室内の照明浪費癖のある両親に節約の協力をお願いする場合は、どうしたらいいのでしょうか。
そもそも無駄な出費を抑えれば、その分を皆で美味しいご飯に行けたり、ステキなインテリアを買うことができます。
節約を促そうにも、ただ口で言っただけでは効果はありません。
たいていの人が面倒くさがり、しまいには口論になってしまいます。

そうなる前に、具体的な数字を示して相手を納得させてみましょう。
例えばクレジットカードの明細を印刷し、今月無駄な出費がいくらあったかを伝えることです。
節約に無頓着な人は、出費がいくらかいまいち分かっていないことが多いです。
しかも知らない所でカードローンで借金をして散財している場合も珍しくありません。

私の知人のご主人は独身時代から浪費家だったらしく、結婚してからお小遣い制になってから内緒でカードローンを利用していたそうです。
どうやら返済が遅れて自宅に郵便が届いたことで発覚したそうですが、そりゃ修羅場だったそうです。
最近ではスマホで検索するとこういった比較サイトがすぐに出てくるので、カードローンをお得に借りる情報に気軽にアクセスできてしまいます。
昔よりも金利が下がったとは言え、それでも無駄な出費になっているだけでなく、家族全員が節約意識を持たないことに問題があります。

そのため、漠然とした節約というイメージを持たせるよりも、具体的な数字で表してあげることで少しでも相手の意識が改善されるでしょう。
また、光熱費などが書かれた料金表を見せるのも効果的です。

毎月の出費の中で光熱費も結構なものになります。電気を点けっぱなしにしないことや、水道はこまめにとめることなどを注意する際に役立ちます。
とはいえ、頭ごなしに注意しては相手も反発して節約に協力してくれないことでしょう。
そんな時にはやはり冒頭に書いたように、節約したことで得られるメリットを伝えるのが効果的です。
浮いたお金で値段が高いけどおいしいお店に行けたり、旅行に行けたりと、楽しみが広がることでしょう。

喜ぶポーズの男性私が欲しいものを買ってもらうためによくやる方法です。
今まで買ってもらった物だと、財布や携帯型音楽機器等です。
僕はあまり欲しいものが目移りするタイプでない反面、欲しいものがあると意地でも欲しくなり長く思い続けるタイプです。
そうした自分の性格も考慮してよくこの手法を使います。とにかく事あるごとにこじつけも半分言い続けます。

例えば、このお菓子100個分で対象の物が買えるとか、買物に行く度に訴え続けます。
この手法には即効性はありませんので、短期的な視点でみると全く使えない手法です。
しかし僕自身の人生経験から鑑みると、長期的視野にたつと比較的有効なアイデアだと思います。

一緒にいる時に買ってもらった事は皆無ですが、大概その人が1人で買い物等に出かけた際にターゲットの商品(僕が欲しいもの)を見ると結構な確率で思い出して貰えます。
後は相手の懐具合と気分によりけりですが、良ければ買って貰えて悪ければごめんなさいという感じです。
手法とは言いつつもかなり他力本願な感は否めません(笑)

ですが、人から何かを買って貰える、恵んで貰えるという行為自体が多分に他力本願なもので、偶然性や運に左右されるものという観点にたつと潜在意識に訴える手法が原始的ですが最も有効だと思います。

女性にぶつかった車あれは五年前の冬…。
子供たちがスイミングに通っており、その送迎をした頃のこと。
私は都会生まれの都会育ちで、雪国に暮らし始めたのはちょうど10年前。
豪雪の中での運転にはまだまだ慣れず、冬の送迎の大変さから、子供たちを口説き落としてスイミングバスでの送迎に切りかえることにしました。

最後の母によるお迎え、そのタイミングで私はなんと人身事故を起こしてしまいました。
相手は60代後半の主婦の方で、雪道による徐行運転が幸いして軽傷ではあったものの、腰あたりに接触して前に倒れてしまったため、古傷の腰痛を悪化させてしまいました。
全ての補償は保険で済んだけれど、簡易裁判とかで検察に話を聞かれたり、保険会社との幾度とない話し合い、被害をあわせてしまった方への謝罪などとにかくやることが多かったです。

そして最後に待っていたのが、罰金43万円と、二ヶ月間の免許停止処分。
罰金は一括で払わなければならなかったから、なけなしの貯金から払うことにしました。
その半年くらい前に、接触事故で私は27万円を払っていたので、それも合わせると合計70万円…。
まだ30代前半の夫の給料は高いわけでなく、私はほとんど専業主婦の状態でした。

貯金もそんなにありませんでした。
それでもなんとか70万円は払えたけれど、そのあと何年も苦しい生活が続きました。
ちなみに、5年経った現在も、我が家の貯金額は0です。
保険だけではまかなえないものがありますし、気持ちも落ち込みます。
事故には本当に気をつけたないといけません。

お弁当私の節約テクニック一つ目は、男子弁当で昼食代を節約し、月間1万円以上を浮かせることです。
最近どこが削れるか、計算し実践していることなのですが、昼食代平均500円として月間20日の勤務としたら、月間10000円は出費がなくなり自由に使えるお金になることが分かりました。

お弁当も昨晩の残り物を弁当のおかずにし、弁当の原価を下げエンゲル係数を押さえることで、無駄なものを省き月間1万円以上の節約になっています。
あと一つ、食費に関してですが、外食を減らす努力をしております。
以前までは、外出をすると決まって外食をしていましたが、お弁当を作ってピクニック感を出したり、夕食までには自宅に戻るようにして食費を浮かせる努力をしています。

またネットスーパーを利用し、無駄なものを買わない努力もしています。
ガス代を節約するために、ネットで調べ冬場はとくにガス間を通って水が温かくなるまでに時間が、かかりそれにガス代が掛かると書いてありました。
こまめにガスを使うのではなく、一気にガスを使用する事でガス間を温める時間の節約とガス間を温める際のガス代の節約になっています。
あとは地道に電気を消し、電気代の節約や子供服のリメイクで洋服代の節約に励んでいます。

洋服のイラスト私は今お洋服を買うときはネットで買うと決めています。
ショッピングモールで見て買うのもいいのですが、同じ商品でもネットの方が安いです。
またネットは送料がかかってしまうのですが、送料を含めてもネットの方が安いことがわかりました。

ネットで買うと、試着することができないという点はありますが、返品も無料でおこなっているサイトなので安心して利用することができます。
もし、サイズが合わないのであれば送り返してあたらしいサイズの服を頼むことができます。
もし服がのサイズが合わなく送り返すのは、面倒という人がいるかもしれません。
しかし圧倒的にお店で買うよりも安いので私はこっちを選んでいました。

今までの経験からもサイズが合わなかったということはないので、これからもネットでお洋服を買うことは続けていきたいと思っています
写真でしか見ることができないですが、実際の大きさなどは書いているので大体のことはイメージできると思います。
お店で買うのよりも半額ほどで同じ商品が手に入るのでは、間違いなくこちらの方法がいいと思います。
私はこの方法で、お店では一着しか買えなくてもネットでは2着買うことができるのでこれからもこの方法を使用していきます。

冷蔵庫今まで食費と日用品を好きなように買っていたので、主人の給料がほとんど残らず貯蓄が出来ませんでした。
外食も毎週日曜日にしていて、たぶん10万円は使っていました。
妊娠したことで、今年から私のお給料が無くなったので財布の紐を締めて節約生活を開始。

食費、日用品1週間に1万円迄と決めて、5週間やり過ごす事に決めました。
初めはどのように買い物していいかもわからず、毎日冷蔵庫とにらめっこしてました。
とにかく、安くて安全なスーパーで買い物して、日用品はポイントが10倍になる日に買い物しています。
1週間で1万円を越してしまいそうになった時は、日用品で貯めたポイント券を発行して乗り切っています。

外食も、月に1度と決めました。
今までみたいに何も考えないで買い物していたのを辞めたので、冷蔵庫の中に無駄はないし、1週間分の献立も買い物中に決まるので毎日のお料理が楽になりました。

食費日用品の費用が半分に抑えられたので、主人の給料が余るようになって貯蓄に回せています。
もっと早くから、やっておけば良かったとつくづく思いますが、後悔していても仕方がないのでこれからビシッと節約してどんどん貯蓄を増やしていきたいです。

ニワトリの置物鶏肉は安くて美味しいのですが、パサつきやすいですね。
なので、小麦粉と片栗粉で鶏肉のうまみを閉じ込められる唐揚げを応用したいと思っています。
使う材料は鶏肉、片栗粉、醤油、砂糖、お酢があればとりあえず作れます。
あれば、小麦粉、鷹の爪、人参や玉ねぎ、ピーマンなどのお野菜です。

まず、鶏肉を観音開きのように均一の厚さにします。
そして、一口サイズの大きさに切り、片栗粉や小麦粉でコーティングし油で揚げます。
それとは別の鍋に醤油、砂糖、お酢、酒、水、あれば鷹の爪、で、沸々煮立て、味をなじませておきます。
水溶き片栗粉でとろみをつけておくと、あとからも水っぽくなくていいと思います。

鶏肉が揚げあがったら、この小鍋に入れてなじませます。
すると、唐揚げとあんかけが程よく馴染んで、油淋鶏よりも柔らかく、大人も子供も食べやすい味に出来上がります。
このままでももちろん美味しいのですが、たまねぎや人参、ピーマンなど酢豚に合うような具材を素揚げしてから入れてもよく合いますし、カサ増しにもつながると思います!

分量としては醤油:砂糖:酢=2:1:1な感じがします。
後は作る人の好みで、変わってくると思います。甘いの酸っぱいのしょっぱいの。
自分に合う味が一番だと思います。

カレンダー一度失敗してしまったクレジットカード利用法の経験を生かした対策についてまとめました。

バブル当時、いつもクレジットカードを2~3枚適当に使用して、返済能力もないのにリボ払いでごまかして使用していました。
この前倒し式の買い物は、自分の体が健康な頃は良いのですが、ある日大病を患ってしまい仕事ができなくなりその足りない収入もいつしかクレジットカードを当てにするようになり残額がどんどん増えて行きました。
そこで考えを変えて行ったのです。

少しでも負担のかからないようなクレジットカードの利用術を考えてみました。
クレジットカードは最低枚数で管理。当たり前の話ですが明日の資産の管理をするためクレジットの使用明細はわかりやすくするべきと思います。
次の収入の見込み額を当月のカレンダーに書き込んだりもしました。

もし見込み額を超えてしまったらそのクレジットカードは、袋に入れてタンスの引き出しの奥に入れてしまいます。
それでも未練があるときは「使用禁止」の札を付けてます。
他のクレジットの支払いが多大になりすぎてそれを調整するために今はゲームの課金月240円のみクレジットカードを利用しています。

クレジットカードはあると便利なアイテムです。
場合によってはクレジットカードでの支払いを指定される場合もあります。
ところが使い方や自分の健康を踏み間違えてしまうとクレジットカードは闇の中に眠ってしまうので細心の注意が必要と思われます。
このようなことがないためにはしっかりとしたカードの利用管理と自分の健康管理が必要不可欠です。

一度クレジットカードがなくなるとどれだけ不自由なのか体験なさってみるとよろしいかと感じます。
順調にクレジットカードを使える幸せを意識して素敵なクレジットカードライフをすごしていきましょう!
無理をしないで計画的に!。