買い物袋を持つ女の人のイラスト年が明けて、あっという間に1ヶ月が過ぎました。
年末年始は楽しめましたか?
気持ちが大きくなって、ついついたくさん買い物をしてしまったという人も少なくないと思います。
クレジットカードの明細を見て、あれ?こんなに使ったけ?と戸惑っている人もいるかもしれません。
しかし、使った分は延滞しないで支払わなくてはいけない・・。
でも支払いが厳しい・・・どうしよう?
そんな時に便利なのが、あとからリボです。

あとからリボとは、一度は支払いを1回払いで商品など買い物をしたものをあとからリボ払いに変更できるというもの。
1回で支払わなくてはいけないと思っていたものが、月々少ない金額ですむようになるので支払いがかなり楽になります。
毎月の支払いは少なくてかなり楽になりますが、忘れてはいけないのが金利です。
月々支払いが少ない金額でよくなる分、金利がかかることを忘れないようにしましょう。
また、あとからリボに支払い方法を変更すると、あとからまた支払い方法を変更したくなったり、やっぱり取り消したいと思ったとしても規則で変更できないというカード会社がほとんどです。
手軽で便利だから、あとからリボにしちゃおう!と簡単に考えずに、金利のことも考えてよく考えてから支払い方法は変更するようにしましょう。

スマホを囲む仲間たち人形イラストクレジットカードを作るときに、やっぱり気になるのが限度額。
一体いくらまで利用することができるカードが持てるようになるのか、利用者にとっては重要なポイントになります。
特に最近では、学生でもクレジットカードを持つ人が非常に増えています。
学生の場合、やっぱり一般社会人よりも限度額は低めになってしまうのでしょうか?

一般的に、安定した収入のある社会人がクレジットカードを申し込むと限度額は50万円~100万円程が最も多い金額です。
それに対して、学生の場合は10万円~30万円程とかなり低めに設定されている場合がほとんどです。
やはり安定した収入のない学生の場合だと、限度額は低めに設定しているクレジット会社が多いです。

その変わりと言ってはなんですが、学生専用のクレジットカードも多く登場しています。
学生専用のクレジットカードは、比較的審査にも通りやすく年会費が無料であったり、一般的なクレジットカードよりもポイント還元率がいいなど学生専用ならではのお得な特典を受けることができます。
 
学生の場合、クレジットカードの限度額は確かに低めです。
しかし限度額が絶対に上がらないというわけではありません。
スマホの支払いや公共料金の支払いなどで利用履歴を増やせば、限度額の増額なども増額も十分に可能です。
支払い延滞などがないようにだけ気をつけて利用しましょう。

封筒に入った沢山の一万円札お金を借りているうちに、だんだん借入件数が増えてきてしまった。
こんな時は、借金をまとめたほうがいいのでは?と考えますよね。
でも借金をまとめるといっても、どんな方法があるんでしょうか?

借金をまとめるので代表的な方法が、おまとめローンに申し込むということです。
おまとめローンとは、複数の借り入れをしている人が1社に借り入れをまとめてしまうための専用のローンのことです。
1社にまとめてしまうことで、毎月の支払い場所も1つだけで済みます。
金利も見直すことができるのでとても便利なローンです。
ただおまとめローンを利用すると、まとめただけなのに借金が減ったような気分になってしまうので借金の金額自体はまだ何も変わっていないということを忘れないようにしましょう。

他に借金をまとめる方法としては、債務整理してしまうということ。
借入件数が3社以上で金額も多い、支払い金額が多くて毎月困っている、おまとめローンの審査に落ちてしまったという人の場合には債務整理をしたほうがいいかもしれません。
債務整理は、弁護士が毎月の支払い額など借り入れ会社と交渉してくれるので毎月の支払い金額が少なくなります。
ただブラック扱いになってしまうので、数年はローンの審査に通ることができなくなりますが借金を返済するということに集中することができます。

どちらの方法を選んだとしても、それぞれにメリット・デメリットはあります。
どちらも申し込む前に、シミュレーションや電話相談をしてじっくり考えてから申し込むようにしましょう。