かまぼこの入ったうどん予想外に出費が重なる時ってよくありますよね。
避けられない出費は仕方ないとしても、生活のためにそれ以上の余計な出費はできないので、残っているお金の使い道をしっかり考えます。

臨時収入を増やせればよいですが、オークションなどで不用品を売ってもすぐにはお金が入らないので、どうしても生活費を切り詰めることになります。まずやっぱり食費ですよね。

私はそのような場合に備えて冷凍うどんや乾麺を非常食として常備しています。
そのため、お金に余裕がなくなってくると自宅にある物で食いつなぐしか選択肢はありません。

うどんと言っても麺つゆベースや、カルボナーラのようにしたり味を変えて飽きないように食べます。
パスタやそうめん・そばでも一緒で、うまくローテーションしてつなぎます。時には具がない時もありましたが仕方ありません。

また、米は炊きすぎた時に冷凍しておいているので解凍してチャーハンにしたりもします。
何もないと思っても何かしらあるもので代用しています。

野菜類はどうしても不足しがちですが、本当にピンチで食費を切り詰める時には、実際のところそこまで気にしてられません。

でもあまり長引いたり頻繁だと影響がでるので、ある程度の予備費は組んでおきたいですね。

青いワンピースのイラスト夏服は、生地が薄くて洗濯してもすぐに乾く素材が人気ですが、メーカーによってデザインが違います。
そこで百貨店に行き、普段着ながらお洒落で高価な婦人服の店に立ち寄り、マネキンの服装を覚えておきます。
ロゴや明らかに他にはついていないボタンやリボンはなかなか真似できませんが、無地のタイプのカットソーやスカートなら安価で同じようにコーディネートすることができます。

先日、ユニクロの紺のプリーツスカートを1,990円で購入しました。
期間限定の値下げ商品でしたが、2週間後、百貨店に立ち寄ったところ、同じタイプのスカートに白いカットソーを着せたマネキンが立っていて、値段を見ると、バーゲン価格でも2倍以上していました。

腰の部分がゴムでなく、きっちりとしたベルトタイプになっていたため、上の服をインにすると違いが分かりますが、ふんわり外に出している限り、腰の部分は隠れているので違いがほとんどわかりません。
少しよそ行きにする場合は、アクセサリーをつけて雰囲気をゴージャスにします。

ポイントは、バッグや靴は使いまわしやすいしっかりしたものを使うことです。
小物まで安物でまとめると、なんとなくすべてが安っぽく見えてしまうので、シンプルであまりメーカーを問わない小物が必要です。