カレンダー一度失敗してしまったクレジットカード利用法の経験を生かした対策についてまとめました。

バブル当時、いつもクレジットカードを2~3枚適当に使用して、返済能力もないのにリボ払いでごまかして使用していました。
この前倒し式の買い物は、自分の体が健康な頃は良いのですが、ある日大病を患ってしまい仕事ができなくなりその足りない収入もいつしかクレジットカードを当てにするようになり残額がどんどん増えて行きました。
そこで考えを変えて行ったのです。

少しでも負担のかからないようなクレジットカードの利用術を考えてみました。
クレジットカードは最低枚数で管理。当たり前の話ですが明日の資産の管理をするためクレジットの使用明細はわかりやすくするべきと思います。
次の収入の見込み額を当月のカレンダーに書き込んだりもしました。

もし見込み額を超えてしまったらそのクレジットカードは、袋に入れてタンスの引き出しの奥に入れてしまいます。
それでも未練があるときは「使用禁止」の札を付けてます。
他のクレジットの支払いが多大になりすぎてそれを調整するために今はゲームの課金月240円のみクレジットカードを利用しています。

クレジットカードはあると便利なアイテムです。
場合によってはクレジットカードでの支払いを指定される場合もあります。
ところが使い方や自分の健康を踏み間違えてしまうとクレジットカードは闇の中に眠ってしまうので細心の注意が必要と思われます。
このようなことがないためにはしっかりとしたカードの利用管理と自分の健康管理が必要不可欠です。

一度クレジットカードがなくなるとどれだけ不自由なのか体験なさってみるとよろしいかと感じます。
順調にクレジットカードを使える幸せを意識して素敵なクレジットカードライフをすごしていきましょう!
無理をしないで計画的に!。

タクシー自分でこんな風に言うのはとても恥ずかしいのですが、私はいつもケチケチしていて考え方も行動も貧乏思考な人間だと自負しています。

しかし私の友人には私とは真逆の、気持ちにも経済的にも余裕のある人がいます。
彼女を見ているといつも穏やかなオーラを感じます。
私のように金欠でセカセカしていたり気持ちに余裕がなくてイライラしていることがありません。

ある時私は買い物を終え、店を出ようとしたら外が酷い土砂降りになっていたことがありました。
私は車を持っていないので、タクシーを使って帰りたいと思いましたがタクシー代約1000円を使うのが嫌で歩いて帰ったことがありました。
もちろん全身ずぶ濡れで大変でした。そして何よりもこんなケチケチしたみすぼらしい自分が嫌になりました。

後日、その旨を友人に話しました。
友人は「もっと自分の身体大切にしなきゃ。雨に濡れて風邪を引いてしまったら、自分の趣味とか仕事とか、楽しめないじゃない?自分の身体を労わってあげないと気持ちも荒んでいくよ。自分が本当に体力を使いたい箇所で使ってあげると心が喜ぶし、好きなことへのパフォーマンスも上がるよ」と言ってくれました。

友人は、自分の身体が疲れていたり、タクシーに乗りたい時は近距離でもお金をケチらずに使うそうです。

ですので友人は無駄に体力や気持ちを消耗しないので、大好きな仕事に最高のパフォーマンスで取り組んでいます。
最近では友人はお給料や地位も上がり、毎日キラキラして魅力的です。

シャワー付きのお風呂ゴールデンウイーク直前に、事件は起こりました。
お風呂に入ろうと思ったらお湯の温度がぬるかったのでちょっとおかしいなとは思いましたが、その時はまだシャワーも普通にお湯で出ていたのでそれほど気にしていませんでした。

ところがその翌日、キッチンのお湯がでなくなり、お風呂のシャワーも徐々にぬるくなって水になってきました。
それでもピンときてなかったのですが、主人が給湯器が壊れたかもしれないと言い出してようやくそちらに気が向きました。
とりあえず取扱説明書を探し出して故障の時は?のページをいろいろ見て試してみましたがダメ。
そうこうしているうちにブレーカーがおちて冷蔵庫等の家中の電気が落ちました。

我が家はガスがないオール電化住宅なので電気に頼るしかなく、すぐにメーカーに電話して見に来てもらいました。
すでに10年以上経過していたので寿命の可能性が高く、修理しても直るかどうかわからないし直ってもすぐまた壊れるかもしれないとのことだったので新品交換の見積もりを取りました。

メーカーの見積もりでは40万円ほどになりましたが、念のため近所の家電量販店のリフォームセンターへ聞くと35万円。
それでも高いのでnetで見積もりを取りましたら28万円ほどになりましたのでこちらでお願いしました。
約1か月かかりましたが、早めに交換してもらえてよかったです。
寒い季節でなくて、本当によかったです。

通帳私は3年間貯めて貯まったお金で自分にご褒美をと決め、3年間隠し口座に貯金していました。
食費代を外食費を含め毎月5万円で計算していて、余ったお金をへそくりに回して、5000円はあまるので毎月コツコツ貯まっていきました。
約3年間で23万程貯めることができ、自分のご褒美に財布とバックを買おうと考えていました。

部屋に隠しているとバレたときに信用がなくなってしまい、大喧嘩になってしまうので部屋にへそくりをせず、金額を隠すことなどはしない方がいいです。
そこで私はへそくり専用の口座を作り貯めていました。変に隠しているとバレるので、普通に財布の中にいれています。バレそうになったときはこのカードは車のローンの支払い専用などと言ってごまかしています。
それで通用しているのでバレることはありません。

へそくりは結構信用性がなくなってしまうので、私は一度バレたら終わりだと思っています。
なので金額もわからないように、通帳は破棄しました。カードのみでやっているので、コンビニや銀行にいかないと自分でも金額がわからないのでいいと思います。

まして別の口座でへそくりをしているなんて、思わないと思うので私はそうしています。
女の人がお金をにぎっていると、こそこそする人が多いと思います。
男の人はそれができないので、少し可哀想だなと思いますが私はたまにのご褒美のために、いいんじゃないかなと思ってへそくりをしています。

3年間を目標にして、その金額で買うようにしています。
あまり貯めすぎると使うのがもったいなくなってしまうので、自分で金額や期間を決めその目標に向かって、貯め続けたらいいんじゃないかなと思います。
罪悪感も少しはでてくると思いますが、ポジティブに考え貯めることが大切です。

へそくりは悪いことではなく自分への毎日のご褒美と思ってます。
たまには女の人も欲しいものほ手に入れたいので、それをわかってほしいですよね。

今年もコツコツためたいです。