家計簿と電卓夫婦二人暮らしで、マンション持ち家で住宅ローンの支払いをしています。
収入はダブルインカムなので、ある程度のゆとりがある状態ですが、将来に向けて少しずつ貯蓄をしていこうと話しています。

まず夫婦二人の共通通帳があるのですが、それぞれ毎月の給与から2万ずつ出し合ってそれぞれのタイミングでATMにて入金。
この口座は元々は結婚資金を貯めていた口座なのですが、現在もコツコツと貯金をしており、引き出しは一切していないので順調に貯金が出来てたまに通帳を見るのが楽しみです。

そして夫の給与ですが、住宅ローンの返済、光熱費等の支払いをお願いしており、残りはお小遣いとなります。
基本的には給料日の日にすべて支払先や貯金分を先取りし、必要経費をとりわけしてしまいます。

そして妻の私は、食費や日用品購入費がメインで、後の残りは自分のお小遣いとなっています。
今のところこんな形で月のやりくりをしております。
今後子どもを持つ予定も考えていますが、そうなると子どもの費用をどこから捻出しようかが現在悩みどころです。
一番運用しやすいのが私の給与の中から保育料や子どもにかかる教育費を取り分けするところかなと考えています。
定年まで共働きをしていきたい気持ちがありますので、やりくりを今のうちに考えておきたいと思っています。

1枚のクレジットカード私はクレジットカードを1枚にして賢くポイント集めをしています。
何年か前は何種類かクレジットカードを持っていましたが引き落とし日が別々で内訳等もごちゃごちゃしてとても不便に感じていました。
日々の生活費(光熱費、通信代、保険、ガソリン、買い物)等は極力クレジットでの支払いをしています。
同じ金額を払うならポイント集めが大好きなのでそう言う形をとっています。
お店のポイントカードがあれば2重にポイントが貯まるのでお得感は倍増しますね。

よく日頃からもネット注文もしますので代引きや銀行振り込み等の支払方法だと手数料が掛かってしまったりなどありますが
クレジットで手数料を取られるお店も少ないのでスムーズに購入手続きをして購入しています。
また、私の使用しているクレジットは年間費無料でポイントも貯まりやすく使用ランクがよければETCの年間費も無料になるという利点もあります。

ポイントも約1年も使えば色々なキャンペーンなどして3万円分のポイントが付いてくるようになります。
期限があるポイントについては必要な物を購入する時にポイント決済したり
必要な物がなければギフト券やQUOカードを購入するのにポイント決済したりもします。
最近は1年貯めたポイントで自分へのご褒美に誕生日プレゼントを兼ねて豪華な物を買ったりもします。
カード払いは使いすぎだったり節約には不向きとの声もありますが考えて計算しながら使えばとてもお得だと思います。

室内の照明浪費癖のある両親に節約の協力をお願いする場合は、どうしたらいいのでしょうか。
そもそも無駄な出費を抑えれば、その分を皆で美味しいご飯に行けたり、ステキなインテリアを買うことができます。
節約を促そうにも、ただ口で言っただけでは効果はありません。
たいていの人が面倒くさがり、しまいには口論になってしまいます。

そうなる前に、具体的な数字を示して相手を納得させてみましょう。
例えばクレジットカードの明細を印刷し、今月無駄な出費がいくらあったかを伝えることです。
節約に無頓着な人は、出費がいくらかいまいち分かっていないことが多いです。
しかも知らない所でカードローンで借金をして散財している場合も珍しくありません。

私の知人のご主人は独身時代から浪費家だったらしく、結婚してからお小遣い制になってから内緒でカードローンを利用していたそうです。
どうやら返済が遅れて自宅に郵便が届いたことで発覚したそうですが、そりゃ修羅場だったそうです。
最近ではスマホで検索するとこういった比較サイトがすぐに出てくるので、カードローンをお得に借りる情報に気軽にアクセスできてしまいます。
昔よりも金利が下がったとは言え、それでも無駄な出費になっているだけでなく、家族全員が節約意識を持たないことに問題があります。

そのため、漠然とした節約というイメージを持たせるよりも、具体的な数字で表してあげることで少しでも相手の意識が改善されるでしょう。
また、光熱費などが書かれた料金表を見せるのも効果的です。

毎月の出費の中で光熱費も結構なものになります。電気を点けっぱなしにしないことや、水道はこまめにとめることなどを注意する際に役立ちます。
とはいえ、頭ごなしに注意しては相手も反発して節約に協力してくれないことでしょう。
そんな時にはやはり冒頭に書いたように、節約したことで得られるメリットを伝えるのが効果的です。
浮いたお金で値段が高いけどおいしいお店に行けたり、旅行に行けたりと、楽しみが広がることでしょう。