コンテンツへスキップ

株式チャート株式の信用取引をしていました。
株取引を始めた2015年の4月から、その年の12月までは何度かの株暴落を経験しましたが、追証金がかかるほどではなかったです。
しかし2016年になってマイナス金利の発動に伴い、損出が大きくなってきました。
それでも、まだこれから株は上がるものだと思い込んでいたので、何一つ慌てる事なく、あぐらをかいていました。
2016年にはいってから、約6ヶ月ほど塩ずけ状態。
まぁ、これから東京オリンピックもあるし、日銀もなんらかの政策を打つだろうから、後は忍耐強く、株が上昇してくるのを待つしかないか.......ぐらいの感覚でした。

ところが、2016年6月末のイギリスEU離脱決定直後から日本国内の株式も、さらに暴落したため追証金の連絡通知が届きました。
このまま、持ち株を手放すのは惜しかったので、銀行にあるだけの、貯金を全てかき集めて約240万ほどを証券会社に入金して事をおさめました。
これで、一時的には安心できたのですが、次の週もさらに株の暴落が継続したため、私は慌てて今度は手持ちのクレジットカード3枚で満額借りて(合計200万)証券会社に入金しました。
それから、小銭の貯金箱も数袋に入れて近所の郵便局へ駆け足で、1度入金してからATMで引き出し。
約25万ほどありましたが、そのお金も証券口座へ入金。

まさか、株取引で自分がこんな目にあうとは予想外でした。
その後、どうなったのかとゆうと結局、追証金の入金だけでは間に合わずに43社持ってたうちの約20社の株を手放すことになりました。
あれだけ慌てても足りなかった.......自分の不甲斐なさに反省して今後はあらゆる出費に対応出来るよう生きていきたい。