医療保険 先進医療の対象と入院通院日額を再確認

通院する女性結婚するに辺り主人が終身医療保険に加入したいとのことで、損害保険会社のホームページから相談の申し込みをしました。
担当の方と話をしたところ、先進医療特約は何年かごとに見直しされるものではないと、対象の医療から外れてしまう時代外れなことになると説明を受けたため不安になり自分の契約内容を保険会社へ確認しました。
すると案の定、自分の契約は契約時点で指定されている先進医療が対象であることがわかりました。
また説明も、電話でのみの対応であったため不安がぬぐえなかったので主人と同じ会社での見直しをすることにしました。

また、入院日額についてこれまでは1日1万円のものにしていましたが、健康保険が使えること、個人部屋ではなく大部屋にするなどしたら1万円など必要がないこと、今は入院ではなく通院メインに治療されるとのアドバイスから、入院日額を3千円、通院日額をつけることにしました。

保険料としては、以前と比べて高くはなりましたが先進医療の範囲はそれまで全く気にしたことがなく、対象範囲は何があるのか理解しておらず、入院日額については入院通院日額は必要だという認識はありましたが、現在の治療方針と必要な金額を知らなかったため、契約を見直して金額を変更して本当に良かったです。