コンテンツへスキップ

カードの限度額は年収で決まる?

お給料を貰ったサラリーマンのイラスト
カードを利用するときに、限度額ってどうやって決まるんだろうと疑問に思ったことはありませんか?
勤続年数やそのほかのローンの状況、実家住まいかアパート・マンション、様々な生活状況も関係していないとは言えませんが限度額に一番関係してくるのは収入です。

なぜ収入が一番関係してくるのかというと、年収の3分の1までしか貸してはいけないという法律があるからなんです。
消費者金融などのカード会社は、この法律に従って申込者の限度額を決めるんです。

えー?そうなの?もっと限度額が多い方が良かったな・・・。
と思っている方もいるかもしれません。
そんな方は銀行のカードローンの利用をおすすめします。

年収の3分の1までの法律でお金を貸さなくてはいけないのは、お金を貸すことをメインにしている会社だけなんです。
銀行はお金を貸すことを主にしていないので、この法律は関係なくなります。
それに銀行のカードローンを利用する方が、金利も安くてお得です。
限度額も高めで、金利も安く使いたい、安心して使いたいのなら断然銀行のカードローンがオススメです。

銀行のカードローンで、限度額が多めで使えて嬉しく思うかもしれません。
しかし多くお金を使えるということは、自己管理もきちんとしなければいけなくなるのでその点は注意してください。