コンテンツへスキップ

まさかまさか、あの人が詐欺だった。

たくさんの札束嘘のような話ですが、私の勤めていたショップに来ていた気前の良いお客様(女性)が詐欺でした。
ある日、知り合いから電話が掛かってきました。その時の会話は今でも覚えています。
仮に詐欺だった人の名前をS子としますが、

「S子が詐欺で逮捕されたの知ってるか?」
「えーなに?知らない。本当?」
「やっぱりね、昨日のニュース見なかったの?あのさ、あんた馬鹿だから言っとくわ。S子が出所してきて、ばったり会ってお財布忘れてきたからお金かしてって言われたら貸すでしょ?やめなさいよ返ってこないからそのお金…」

えーなにそれ?とネットでS子の名前を検索、手が震えました、何度も打ち間違えました。
ありました。たぶん今もあると思います。
総額15億円だそうです。

私の店でS子は金融業者、しかも県の登録番号までついた名刺を持っていました。
その他にも頼まれて美容室、喫茶店なども手がけているとの話で実に羽振りがよく、一回での買い物は5万円を下った事はありませんでした。月に何回も来るので上お得意様のVIP待遇でした。あれは、全部騙したお金だったのです。

騙されたとインタビューを受けていたその女性の話。
彼女はS子の喫茶店で働いていたパートさんでした。
最初色んなものをくれる、食べ物、洋服、靴、マフラーなど来るだびにプレゼントを持ってきてくれるうち親しくなって、プライベートの話もかなりしたそうです。

子供の学費にお金が大変でパート始めたと、そしたらS子が、私にお金を預けなさい増やしてあげるからと。
彼女は半信半疑でしたが、よくしてもらっているので、信用してしまい50万預けたそうです。最初の頃は金利だと言って、ちょこちょこ現金を渡されたので、言うがままに増額し気づいた頃には300万位になっていたそうです。

だんだん金利も渡されなくなり怖くなってきたので、元金を返して欲しいと申し出たら、すぐその場で50万返してくれたので、これは言えばすぐ返ってくるんだと安心したそうです。そして、金利も手に入るからもう少し預けてたら?という事になったそうです。これがS子の常套手段だったようです。
その後金利は入らず、のらりくらりと話をはぐらかされだんだん姿を見せなくなったとのこと。

私もS子からは会うたびに色んな物を貰ってました。その都度お返しもしておりましたが。
私には、地元で有名なお店のK子が経営困難で困っている、今手元に現金が無いので80万建て替えてそのお店を救って欲しい、と話がありました。
勿論金利は弾むからと。

はっきり言って私もぐらつきました。
手元にあるお金が労せずに増えてしかも人助けになる。。
しかし待てよ、なんか違和感あるな?
常に羽振りのいい人が手元に80万もないなんてあり得るのだろうか?

その時はそのままうやむやにしてお金は出しませんでした。
知り合いのK子から私が金利を得るのはやはり抵抗があったのです。

逮捕後、別ルートでK子のお店の情報を得たところあの店が80万で困るわけがないと。
全くのS子の作り話でした。
そうやって色んな人の善意とちょっとした欲を利用してお金を引き出していたのだそうです。

そして感心?したのは、別のお金持ちの友達には600万の建て替え話を持って行っていた事です。
相手がどの位までなら金を出せるのか、瞬時に正確な?判断が出来ているところです。
悪かったわね、どうせ私は80万の女ですよ。。

その年、栃木県と福岡市の苺が混ざって販売され、問題になり回収する事になったニュースが流れました。
両県合わせた損害額が11億円と聞いて、それ以上の額を口先一つで引き出していたS子。
後にも先にも会う事は金輪際ないでしょう。