コンテンツへスキップ

食費を限りなく抑えた生活で乗り切る

かまぼこの入ったうどん予想外に出費が重なる時ってよくありますよね。
避けられない出費は仕方ないとしても、生活のためにそれ以上の余計な出費はできないので、残っているお金の使い道をしっかり考えます。

臨時収入を増やせればよいですが、オークションなどで不用品を売ってもすぐにはお金が入らないので、どうしても生活費を切り詰めることになります。まずやっぱり食費ですよね。

私はそのような場合に備えて冷凍うどんや乾麺を非常食として常備しています。
そのため、お金に余裕がなくなってくると自宅にある物で食いつなぐしか選択肢はありません。

うどんと言っても麺つゆベースや、カルボナーラのようにしたり味を変えて飽きないように食べます。
パスタやそうめん・そばでも一緒で、うまくローテーションしてつなぎます。時には具がない時もありましたが仕方ありません。

また、米は炊きすぎた時に冷凍しておいているので解凍してチャーハンにしたりもします。
何もないと思っても何かしらあるもので代用しています。

野菜類はどうしても不足しがちですが、本当にピンチで食費を切り詰める時には、実際のところそこまで気にしてられません。

でもあまり長引いたり頻繁だと影響がでるので、ある程度の予備費は組んでおきたいですね。