プライドの高い父に気分よく食費を節約させる方法

大特価の値引きPOPプライドの高い父は節約に対してマイナスイメージが強く、情報番組で節約の裏技などを見ても、どこか小馬鹿にした感じの物言いをします。
しかし実際は父が知らなかっただけで、我が家も食費や日用品を昔から節約してきました。

でも定年退職後に父も買い物に行くようになり、節約を無視した高価な肉や魚、調味料を買ってくることが多々あって困っていました。
そこで何とかならないものかと考えたときに思いついたのが、節約をすることで私が喜んであげることです。
そうすることでプライドが高い父は、自分がお金に困って節約してるのではなくて、節約している娘が喜ぶから協力してあげてる、という気持ちになるのだと思います。

実際、「今日はこれが○○円で安く買えたぞ」と言って帰ってくることが多くなりました。
だからその都度少々大げさに喜びます。「すごい!お得だね」とか「その値段で買えたんだ!嬉しいな」とか、持ち上げることも忘れません。
いちいち褒めたり持ち上げることが面倒に思うときもありますが、節約を無視して高価な買い物をされるよりはいいです。
私自身も、買い物を頼まれてお買い得品を見つけて買ったとき、母に褒められたり喜ばれたりすると嬉しかったので、父もそうだと思います。
家族と暮している以上、自分だけが節約してもその分誰かがそれを無視していては何にもなりませんので、いかに気持ちを共有させるかが大事だと思いました。

節約は、お得品探しを楽しむことによってゲーム感覚になると、だんだん苦にならなくなってきます。
また、父のようにプライドの高い人をいかに節約させるように変えられるかを考えるのも、私自身が楽しむようにするとストレスが溜まりづらくなります。
何事もそこに面白さを見つけることが大事ですね。