コンテンツへスキップ

財布を持った女性今年春から行っている生活費の使用方法なのですが。。。

まず、我が家は主人のみ働く一馬力の家庭です。更に子どもが2人おりますが、絶賛食べ盛り中で学費も割にかかるほうだと思います。
給料が出た際、主人が生活するうえで必要な分を口座からおろしてきて、毎月決まった金額で生活をしているという…ちょっと苦しい家計の我が家です。

私が行っている方法は、まずその月支払う予定の金額を書き出し、別袋へ投入。その袋内のお金は必要な事にしか使いません。
更に、なるべく1000円札に崩す事。
1万円って持っているとちょっと気持ちが大きくなって、まだ(使っても)平気!と思いがちなのです。よって細かくするようにしています。

1000円単位になったら、あとは日割り計算をし、例えば1日1000円(あくまで一例です)と決めた場合、1日使わなかったらそれ専用のお財布へ入れます。
封筒等でも構いませんが、思いついた時、そこに以前使っていた財布があったから…笑 そこら辺はそれだけの理由です。

そうやっていくと、日中外へ出ない日も当然ある訳で、そこそこの金額になってくれるんです。そうしたお金で、突如舞い込む「出費」に備えます。…大概は子ども関係です。

我が家はかなりギリなほうと思いますので、そんな生活をしていても、貯蓄には繋がりません。正直「どう乗り切るか!」がメインです。
それでも多少のお金は『次月繰り越し』や『ちょっとした贅沢』なんていう範囲に入れてみたいので、頑張ってやって、実質の効果は月5000円~1万円位余る程度でしょうか!?

こうして書いてまとめてみると大したことはやっていないような…。
ですが、何もしないよりかはマシと思いますし、何よりこの方法が自分には合っているので、もう少しの期間続けてみようかと思っています。
ひょっとしたら、長く続けていく内に効率良くなって、徐々に成果も上がるかもしれません。

余談ですが、これは自分には合わなかったモノは「500円玉貯金」
ハマってらっしゃる方に言わせると、やってく内に500円硬貨がお金に見えなくなってくる…らしいですが、私にはしっかりお金に見え続けました 笑
故にその方法は自身には添わなかったので、現在のやり方に変更した。というお話です。

通院する女性結婚するに辺り主人が終身医療保険に加入したいとのことで、損害保険会社のホームページから相談の申し込みをしました。
担当の方と話をしたところ、先進医療特約は何年かごとに見直しされるものではないと、対象の医療から外れてしまう時代外れなことになると説明を受けたため不安になり自分の契約内容を保険会社へ確認しました。
すると案の定、自分の契約は契約時点で指定されている先進医療が対象であることがわかりました。
また説明も、電話でのみの対応であったため不安がぬぐえなかったので主人と同じ会社での見直しをすることにしました。

また、入院日額についてこれまでは1日1万円のものにしていましたが、健康保険が使えること、個人部屋ではなく大部屋にするなどしたら1万円など必要がないこと、今は入院ではなく通院メインに治療されるとのアドバイスから、入院日額を3千円、通院日額をつけることにしました。

保険料としては、以前と比べて高くはなりましたが先進医療の範囲はそれまで全く気にしたことがなく、対象範囲は何があるのか理解しておらず、入院日額については入院通院日額は必要だという認識はありましたが、現在の治療方針と必要な金額を知らなかったため、契約を見直して金額を変更して本当に良かったです。

大特価の値引きPOPプライドの高い父は節約に対してマイナスイメージが強く、情報番組で節約の裏技などを見ても、どこか小馬鹿にした感じの物言いをします。
しかし実際は父が知らなかっただけで、我が家も食費や日用品を昔から節約してきました。

でも定年退職後に父も買い物に行くようになり、節約を無視した高価な肉や魚、調味料を買ってくることが多々あって困っていました。
そこで何とかならないものかと考えたときに思いついたのが、節約をすることで私が喜んであげることです。
そうすることでプライドが高い父は、自分がお金に困って節約してるのではなくて、節約している娘が喜ぶから協力してあげてる、という気持ちになるのだと思います。

実際、「今日はこれが○○円で安く買えたぞ」と言って帰ってくることが多くなりました。
だからその都度少々大げさに喜びます。「すごい!お得だね」とか「その値段で買えたんだ!嬉しいな」とか、持ち上げることも忘れません。
いちいち褒めたり持ち上げることが面倒に思うときもありますが、節約を無視して高価な買い物をされるよりはいいです。
私自身も、買い物を頼まれてお買い得品を見つけて買ったとき、母に褒められたり喜ばれたりすると嬉しかったので、父もそうだと思います。
家族と暮している以上、自分だけが節約してもその分誰かがそれを無視していては何にもなりませんので、いかに気持ちを共有させるかが大事だと思いました。

節約は、お得品探しを楽しむことによってゲーム感覚になると、だんだん苦にならなくなってきます。
また、父のようにプライドの高い人をいかに節約させるように変えられるかを考えるのも、私自身が楽しむようにするとストレスが溜まりづらくなります。
何事もそこに面白さを見つけることが大事ですね。

かまぼこの入ったうどん予想外に出費が重なる時ってよくありますよね。
避けられない出費は仕方ないとしても、生活のためにそれ以上の余計な出費はできないので、残っているお金の使い道をしっかり考えます。

臨時収入を増やせればよいですが、オークションなどで不用品を売ってもすぐにはお金が入らないので、どうしても生活費を切り詰めることになります。まずやっぱり食費ですよね。

私はそのような場合に備えて冷凍うどんや乾麺を非常食として常備しています。
そのため、お金に余裕がなくなってくると自宅にある物で食いつなぐしか選択肢はありません。

うどんと言っても麺つゆベースや、カルボナーラのようにしたり味を変えて飽きないように食べます。
パスタやそうめん・そばでも一緒で、うまくローテーションしてつなぎます。時には具がない時もありましたが仕方ありません。

また、米は炊きすぎた時に冷凍しておいているので解凍してチャーハンにしたりもします。
何もないと思っても何かしらあるもので代用しています。

野菜類はどうしても不足しがちですが、本当にピンチで食費を切り詰める時には、実際のところそこまで気にしてられません。

でもあまり長引いたり頻繁だと影響がでるので、ある程度の予備費は組んでおきたいですね。

青いワンピースのイラスト夏服は、生地が薄くて洗濯してもすぐに乾く素材が人気ですが、メーカーによってデザインが違います。
そこで百貨店に行き、普段着ながらお洒落で高価な婦人服の店に立ち寄り、マネキンの服装を覚えておきます。
ロゴや明らかに他にはついていないボタンやリボンはなかなか真似できませんが、無地のタイプのカットソーやスカートなら安価で同じようにコーディネートすることができます。

先日、ユニクロの紺のプリーツスカートを1,990円で購入しました。
期間限定の値下げ商品でしたが、2週間後、百貨店に立ち寄ったところ、同じタイプのスカートに白いカットソーを着せたマネキンが立っていて、値段を見ると、バーゲン価格でも2倍以上していました。

腰の部分がゴムでなく、きっちりとしたベルトタイプになっていたため、上の服をインにすると違いが分かりますが、ふんわり外に出している限り、腰の部分は隠れているので違いがほとんどわかりません。
少しよそ行きにする場合は、アクセサリーをつけて雰囲気をゴージャスにします。

ポイントは、バッグや靴は使いまわしやすいしっかりしたものを使うことです。
小物まで安物でまとめると、なんとなくすべてが安っぽく見えてしまうので、シンプルであまりメーカーを問わない小物が必要です。

赤ちゃんを抱えるママのイラスト我が家は、私が育児休暇中のため旦那の給料で遣り繰りをするようにしています。
申し訳ないけど正直、旦那の給料だけで生活には、貯金は全くできません。世間の奥様方も同様の悩みを抱えていらっしゃる方も多いのでは?と思います。
旦那の給料だけで生活するための我が家流の乗りきり方をお話ししたいと思います。

まず、簡単にできることは、光熱費の節約です。
使わないコードをできるだけ抜き、待機電力をカットします。また、使わない電気は消すこと、電子レンジや電気ケトルをうまく使い時短調理を心掛けることです。
そして結構見過ごしがちですが、水を使っていないときは水道の蛇口はきちんと締めておくことです。これらを実践することで2000円ぐらい違いました。

次に、お金がない時の料理ですが、野菜はいろいろなものを家族に食べさせたいので、安いものを選びながら多目の種類を買います。
冷凍保存できる野菜は冷凍保存します。肉や魚も同じで安いときにまとめて買い、使わない分を冷凍保存しておきます。
休日は外食などにも出掛けますが、広告が入って少し安くなるところに出掛けるようにしています。

そして、私は外で働けない分、子どもが昼寝している間にお小遣いアプリで、少しでもお金をつくるようにしています。なかなかドバっとは貯まりませんが、こうした細かいことの積み重ねで出費を減らし、少しずつでもコツコツと貯めることがごく一般的な主婦の節約術と言えます。
最初からあまり無理せず、無理なくできることから小さく始めるのも、継続するコツですよ。